・DOL:N/E/B:仏国   ・FE0:Briah:カセドリア連合王国

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

弓スカウトについて①
今日はFEZのちょっと難しい問題のお話です。
先日のアップデートで戦場の様相がダイブ変化しました。
そのうち今日は弓についてお話したいと思います。

弓スキルはその種類と効果について大きく差異があります。
それによってもたらされる豊富な選択肢が逆に足枷になっているのではないでしょうか?
器用貧乏になり勝ちな上に単発でのダメージはそう多くはありません。
ソーサラーにはそれなりの数値を出せますが、決して即死させ得る火力はないのが現実です。
ましてや超合金片手様の飛び込みスタンプで集団ごと壊滅の憂き目に会うことすら多々あります。
これは単純に歩兵力の差というよりも、カセが負け戦によって逃げ腰になっている為だと思います。
だからと言って前に出て戦う事も私はお勧め致しません。
ノリノリで押しに押して、カウンターで壊滅する様な事が多すぎます。
戦略、戦術、戦闘で個々に攻略目標を定め、情報の共有や適材配置を進めるべきではないでしょうか?
語るべく範囲を広げては具体的なお話が出来ませんので、今日は弓のスキルに焦点を絞ってお話したいと思います。

先ずは禁則事項について
1)凍結への弓攻撃の禁止
優先順位は①シールドバッシュ②ヘルファイア若しくはヘビースマッシュです。
弓の役割の優先順位は①救出或いは攻撃を行おうとするソーサラー・スカウトへの妨害②トドメを刺し切れなかった場合の追撃です。
2)スタンへの弓攻撃の禁止
これは前項に基づきますので優先順位はヘルファイア若しくはヘビースマッシュです。
この場合も弓の役割も前項に準じます。
3)飛び込んできたウォリアーへの弓攻撃の禁止
苦肉の策として削り目的の攻撃をしたくなりますがダメです。
なんとかしようと思うのは他の方も同様ですので此処は味方ウォーリアーやソーサラに任せましょう。
貴方の最優先事項は攻撃の回避です。
回避と退避が出来たら飛び込んできた敵は任せて、乗じて攻撃を行おうとする敵集団への迎撃に専念しましょう。
4)キマイラへのピアッシングシュートの禁止
特に拠点目前での吹き飛ばしは起き上がり無敵時間での接近及びFBの可能を提供する事になります。
フリージングウェイブよりも指向性を持つピアッシングシュートは、崖登りを妨害する場合でも任意の方向への吹き飛ばしが高難度です。
支援にきている敵歩兵への攻撃に専念しましょう。
5)建築物への弓攻撃の禁止
弓スキルは総じてダメージが低いです。
建築物への攻撃が可能な場合に備えて短剣を一つ持ち歩きましょう。
この場合の注意点は2つ、①スキルは1ページ目にあるレイドをパレットで切り換えましょう②短剣は自分のLvで装備可能な最高攻撃力を持つものを用意しましょう。

禁則事項の解説
1)凍結への弓攻撃の禁止について
2)スタンへの弓攻撃の禁止について

これは大チャンスですので「生かして帰すべからず」です。
高火力でのキルを確定する為の選択肢を優先しなければいけませんので弓攻撃は控えましょう。
最近は凍結を囮にするパターンが増えてきていますので、味方を守るためにも良く見て行動しましょう。
有名所の火サラに多い行動パターンは待ちスタイルです、当てれるべき時に必ず当てに来ます。
キルの為に群がる集団などは格好の的です、弓はその手数と速度を生かして妨害しましょう。
なお、味方が攻撃不可能な場合があります。
距離が遠く状態異常効果が切れそうな場合についてはブレイズショット⇒パワーシュートの確定コンボ等、持ち得る最高火力にて攻撃する様に務めましょう。
この難しい攻撃の可否の匙加減をマスターしてこそ上級者への道が開けると言うものです。
3)飛び込んできたウォリアーへの弓攻撃の禁止について
スカウトのアンチ職であるウォーリアーに対しては距離を取らないとデッドしてしまいます。
ましてや飛び込まれている訳ですから最優先すべきは回避行動です。
次いで行う退避行動について、これは危険からの退避です。逃亡ではありません。
接近されてから自己防衛に可能なスキルを持たない弓スカウトは臆病なくらいが丁度よいかもしれません。
しかし、勇気無き臆病者には決して栄光は訪れません。
注意深く飛び込みから距離をとりつつ前方の敵集団への攻撃を心がけましょう。
ボス曰く「デンプシーロールも一歩下がればただのフック」
4)キマイラへのピアッシングシュートの禁止について
吹き飛ばしは敵の位置や移動方向によって吹き飛びのベクトルが変化します。
フリージングウェイブの様に自己を中心とするスキルならば兎も角、指向性を持つピアッシングシュートは難易度が高いのが現実です。
拠点間直に迫ったキマに安易に吹き飛ばしてはいけません。
先ずは落ち着いてパワー系ポットを飲みましょう。
その上で周囲の状況、味方と敵の配置や構成を加味して最善の行動を取りましょう。
この場合でも最優先となるのは妨害行動です。
なおキマイラのHPは4300、溶解Dotの23ダメージでもデッドします。
5)建築物への弓攻撃の禁止について
攻撃力の低さ以外に問題があります。
その攻撃間隔の短さによってもたらされる弊害です。
その無防備さと視野狭窄による警戒の欠如からハイドパニでデッドされる方が居られます。
特に攻撃力を考慮して短剣を持ち歩く事を知らない初心者によく見受けます。
しかしながら崖上から安全に破壊可能な場合もあります。
足音や周囲の確認をしつつ破壊に務めましょう。
この場合は連続で攻撃せずに時折カメラを360度に注意深く回して確認しましょう。
足音は画面範囲の一定距離しか聞こえません。
重ねて申しあげますが、この状況の取捨選択の是非をマスターしてこそ上級者への道が開けると言うものです。


スキルについて書こうと思いましたがあまりに長くなりそうです。
推敲しつつ次回に分割と致します。

Comment

 秘密にする

1・2>
スタンでも凍結でもサラ相手でバッシュorヘルにいけないようなら炎>パワシュはぶち込んでおk。
つうか威力UPのせいでエンチャあるとサラに300近くパワシュで出る事実。
サラ相手を限定すると、今回のVerupでランス>LTより炎>パワシュのがダメ7,80くらい上だったりする。
なんでもかんでも弓撃つな!はちと古いかなとは思う。まぁ初心者にゃお勧めせんがねw

3>
蜘蛛・毒・炎なら撃っていいよ
あと僻地でやりあうことになったら狙えるならパワシュで削ってもおk
中央戦場は状況次第。敵後裔にレイン打てるようならそっちのがいいし、そうじゃないなら時として自分で戦うことも必要
遠めの両手が接近してくる前にトゥルーで削っておくのもアリ。
まぁ全ては状況次第、で完結しちゃうっちゃしちゃうんだけど・・・
これも初心者にはお勧めしませんw

4.5>
特にいうことなし。

というわけであえて反証をしてみた。
くろむ | URL | 2007/05/24/Thu 17:30[EDIT]
にゃん♪
少佐 | URL | 2007/05/24/Thu 19:05[EDIT]
よくヲリより前出て敵後方にレイン撃っててヌッコロされるアチキがいますよっと!氷はタイミングが悪いと割る可能性大ですな!レイン撃った直後に相手凍ったなんてよくあることorz先生、そんなときはどうしたもんですかね?
タカト | URL | 2007/05/24/Thu 19:41[EDIT]
初心者~中級?は基本この禁則事項でいいと思います。

私自身はクロムっちのと同じで、1,2の場合味方が退いちゃってたり、味方の攻撃が暫くなさげな場合はサラ、スカまたは瀕死のヲリに限りパワシュ撃ちます。3も同じ。
4はピア禁止で無問題。5はパワショ全弾撃ちつくしたあと短剣で攻撃w

氷をうっかりレインで割ってしまうのは状況によって仕方が無いというか、発射後に凍結って事結構ありますからね...そのつど心の中でスマンと...

私はレイン撃つ場合PW貯めて、またはパワポ使いながら3斉射!。1,2発目は同じポイントに3発目はわずかにタイミングと位置ずらして撃つ。上手くいけば一人3発、ステップで避けた奴も当たるって感じを狙って撃ってます。サラにはかなり痛いと思いますし、凍結に及ばないまでも転倒等で時間は稼げますがw

弓の問題は結局、ようは立ち位置が問題で、普段は後方でもレイン弾幕張る場合は、敵のレインをサイドステップなりで避けてより『一歩前出て』撃つ。そうすればレインは敵のサラスカ+後方に下がろうとしたヲリに当たり、、味方のカレスは敵前衛ヲリを凍結って感じになればベストかな。後、変に正面に固執せず、崖上利用や側面から攻撃すれば味方の攻撃とも被る率は下がると思います。まぁ怒って向かってくる敵からすぐ逃げないと死にますが...
ハンゾウ | URL | 2007/05/24/Thu 22:33[EDIT]
現役退いた人から一言

言いたい事は何となく判るけど
禁止を声高に叫ぶと皆、身動き取り難くなってしまうので「出来るだけ避ける」位の気持ちでいいんじゃないかな?

あと
3)だけど、カセは弓比率が高いんじゃないのかな?
前線で全員スカウトとか珍しくなかった記憶があるけど
こんなときにコレを実行しちゃうと、あっと云う間に前線崩壊してしまうよ
↑で書いてる方と同じで状況判断が大事じゃないかな?
びーどろ | URL | 2007/05/25/Fri 09:34[EDIT]
ご意見有難うございます!

>くろむさん
使い分けの部類で書くつもりでした。
有用性は分かっているのですが・・・なんにでも撃ってOKという訳でもないので困っています。
基本⇒応用な風に分けて書いたほうがいいかなあと思っています。

>少佐さん
にゃぉーん♪

>タカトさん
ウォリさんと同じくらいにしないと危険かも、ですね。
リングで耐性とHP+つけつつ危急の為にハイリジェネとベーコンを用意されると心持ち生き残れますよ。
最近はHP満タンでもパニが飛んでくるので困ります。

氷に関してはある程度は気にしてはダメ!
前に出て撃っていて、故意に凍結を狙っているわけではないので問題ありません。
鈍足の敵集団に更なる追い討ちで元が取れますよ
あと私信ですが、ボスがキャラ整理で既存キャラを消去しました。
新規キャラの女ウォリ「石神井(しゃくじい)」を見かけましたら捕獲してください。

>ハンゾウさん
初心、中級、上級と分けるよりも基本と応用で済ませようかと思っています。
建築物についてはPowをスキル用に残して短剣が基本と思っています。
方針としては生きて帰るまでが戦争という事で。
立ち位置については工夫する事で敵の安全圏も削る事が出来ますね。
ただ良い位置はハイドの通り道である場合が多いのが難点です。
こちらはSS付で検証したいと思います。

>びーどろさん
退いちゃダメ(ニコ(怒
まだ基本の段階ですので厳しめにしていました。
すこし直しましたが応用編のときに整合したいと思います。
状況判断については別項目で上げたいと思います。
猫目のイリヤ | URL | 2007/05/26/Sat 13:52[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © 南風と陽だまりと猫の気紛れ. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。